Aroma natural therapy アロマな自然療法のススメ

マタニティ期の悩みに
つわりやマタニティブルーでナーバス、そんなあなたには…?

お母さんも赤ちゃんも癒すアロマテラピー

Comment from therapist / セラピストからのコメント

赤ちゃんを授かって幸せなはずなのに、吐き気や食欲不振、倦怠感に悩まされたり、なんだか情緒不安定でナーバスな自分に戸惑ったり。女性の身体が劇的に変化する妊娠期ですが、できるだけ心穏やかに過ごしたいですね。そこで経験豊富なアロマセラピストが、妊娠周期に応じた精油選びで、お母さんもお腹の赤ちゃんも癒します。

サロンでケア

マタニティ・アロマテラピーで母子ともにリラックス

おすすめの精油ブレンド
  • マンダリン
    マンダリン
  • ラベンダー
    ラベンダー

つわりやむくみ、腰痛、肩コリといった身体の不調から、マタニティブルー、妊娠線まで、さまざまな悩みにアプローチできるのがアロマテラピーのよいところ。
妊娠時期によっては使用できない精油もありますので、精油選びは慎重に。横向きでの施術も可能です。

自宅でケア

いつまでもきれいなお母さんでいたいから

スキンヒーリングローション
  • 作り方

    • 1.ベースオイルと精油を混ぜ合わせたらできあがり。妊娠線ができやすい箇所を中心に、優しく塗りこみます。
    • ※早産などを促す危険性をもつ精油もありますので、妊娠中の精油の取り扱いはご注意ください。上記精油であれば、妊娠初期からでも安心してお使いいただけます。
  • 材料

    精油
    マンダリン(2滴)
    ラベンダー(1滴)
    その他
    マカダミアオイル(30ml)
モンサンミッシェル直営ショップで材料を購入