モンサンミッシェル 営業再開状況について

INFORMATION お知らせ

2020.08.12

【セラピストのおすすめAroma】日焼け跡ローションパック編

いつもモンサンミッシェルをご利用頂きありがとうございます。
 
今回は、日焼けをしてしまった後のお肌のケアにおすすめの、ローションパックの作り方をご紹介します!

 
◆材料
・aroma’sアロマ保湿ローション 適量
・コットン
・バオバブオイル 15ml
・ラベンダー精油 2滴
・フランキンセンス精油 1滴

 
◆作り方
◎日焼けをしてしまったら、まずは冷やして水分補給をすることが大切です。
➀コットンにaroma’sアロマ保湿ローションをたっぷり染み込ませます。

 

 
➁ローションが染み込んだコットンを日焼けした箇所にパックします。
 パックの時間は5分ほどが目安です。パックの時間が長すぎると、
 お肌の水分が取られて乾燥してしまうので気をつけましょう。

 
◎ほてりが鎮まり、お肌が落ち着いてきたら、乾燥を防ぐためにオイルを塗ります。
➂バオバブオイルにラベンダー、フランキンセンスを入れてよく混ぜます。

 

④日焼けした箇所に、オイルをたっぷり塗ります。
お肌はとてもデリケートな状態になっているので、すり込んだりせずに、やさしく塗布しましょう。

 
※肌の弱い方は、パッチテストをしてから使いましょう。
※妊娠中(16週未満)・授乳中の方は精油の使用を避けてください。

 

 
〇aroma’sアロマ保湿ローション
炎症を鎮める抗炎症作用と冷却作用があり、お肌をもっちりと潤すダマスクローズ、乾燥から守るフランキンセンスなどの植物成分を配合。
しっとり感が高く、花の香りに癒される化粧水です。

 
〇バオバブオイル
抜群の保湿力とビタミンを豊富に含み、お肌を柔らかくしてくれます。

 
精油は、抗炎症作用があるもの、熱を鎮めて保湿作用があるもの、皮膚再生作用があるものを選ぶと良いでしょう。
イランイラン、ジャーマンカモミール、ローマンカモミール、ゼラニウムなどもおすすめです。

 
 
日焼けは早めにケアすることで、その後の肌トラブルを回避できます。
適切なアフターケアをして、みずみずしい美しいお肌を保ちましょう!

お問い合わせ グループ採用情報